第21回『ぼくのイノキ』

心の砂地#

03-11-2022 • 36 mins

アントニオ猪木が亡くなりました。
「心の砂地」はシャークくんの活動名義(イメージとしては雑誌のタイトルのようなもの)です。彼がやっていたブログのタイトルであり、イベントのタイトルであり、様々な使われ方をしていました。
ポッドキャスト番組「心の砂地」として、今の形になるきっかけとしてはツイキャスでのライブ配信がスタートです。居酒屋などで話していることをそのままライブ配信する、といったところからスタートしているのですが、気づけば「次はこういうことを話そうか」と言ったお題が生まれ、本や映画を取り上げて、それについて話す、というライブ配信を数回やっていました。
その時代に「僕たちがやっていることは面白いぞ」という自身が確信に変わったのが『天気のイノキ』(2019/08/18 ツイキャスにてライブ配信)回です。
新海誠(当時の)最新作『天気の子』を語る、といった配信でしたが、気づけばひとつの考えとして出てきた「猪木提案」に場は支配され、最終的な評としては『この映画に猪木が出演していれば傑作であった』という結論に至りました。
その後、あの配信が面白かった、という連絡が次々とシャークくんの元へ届きました。
「またやって欲しい」「定期的に聞きたい」といった内容です。
「これは遊んだ時にライブ配信をするだけでは勿体無いのでは、アーカイブ化していくべきでは?」
そう考えたシャークくんがたどり着いた結論が、ポッドキャスト番組「心の砂地」を始める、ということでした。(実は他にも理由がいくつかあるのですが、些末なことです)

そう。彼がいなければ、本番組は存在しなかったのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
番組Twitter:https://twitter.com/kokosuna
感想など、ツイートしていただける場合のハッシュタグは#kokosuna でお願いします!
ここすなリンク集→ https://lit.link/kokosuna
用語集、詳しい解説、補足のnoteはこちら。
番組感想、お便りは kokoronosuna@gmail.com
もしくはこちらのフォームまで!
2022 Special Thanks:おひるねむこ@ohirunemuco
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
泣きながら一気に話しました。【鮫編集後記】

You Might Like